ブロッコリーの栄養と調理方法

投稿日:

ブロッコリーには栄養がたくさん

一般的な食材として知られているブロッコリーですが、高齢者の方の健康にも役立ちます。
ブロッコリーはさまざまな料理に合い、毎日の食事に使いやすいため、これからのメニューに取り入れてみるのはおすすめです。
ブロッコリーに含まれている栄養素として、代表的なものを紹介します。

まずブロッコリーに含まれる栄養素として、ビタミンCが挙げられます。
ビタミンにはさまざまな種類がありますが、その中でもビタミンCは特に身体に必要な成分として知られています。
ブロッコリーは肌の状態を保つために役立ち、疲労の回復にも効果が期待できます。

年齢を重ねると、身体は少しずつ疲れが溜まりやすくなります。
そのため高齢者になったらビタミンCを積極的に摂ることで、疲労に強い体質を作ることができるのです。
また、ビタミンCはガンの予防効果も期待できるため、さまざまな面でメリットがある成分といえます。

次にブロッコリーに含まれる成分として、ビタミンKやビタミンEが挙げられます。
これらのビタミンも、身体にはとても必要な成分です。
ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬にも含まれている成分で、骨を強くするために役立ちます。
また、ビタミンEは血流を良くする働きがあるため、身体の血行不良を良くするために役立つ可能性があります。

このようにブロッコリーには、さまざまな栄養成分が含まれています。
家庭でもぜひ、ブロッコリーを料理に取り入れてみましょう。

ブロッコリーの調理方法を紹介

ブロッコリーは料理に使いやすい食材ですが、手軽に取り入れるなら茹でて調理するのがおすすめです。
また、カレーやシチューに加えれば、それほど手間をかけることなくブロッコリーの栄養分を摂ることができます。

カレーやシチューを普通に作る手順で、ルーを入れる前にブロッコリーを鍋に加えます。
しばらく茹でるとブロッコリーが柔らかくなるため、そのタイミングでルーを加えましょう。
するとブロッコリーの入ったカレーやシチューを、美味しく作ることができます。
高齢者の方のために作る場合、少し柔らかめになるように茹でるのがおすすめです。

また、ブロッコリーはサラダにもおすすめです。
サラダはさまざまな野菜を取り入れて簡単に作ることができるため、ブロッコリーを茹でてほかの食材と合わせて、サラダを作りましょう。
合わせる野菜はジャガイモやトマトなど、好みで選んで大丈夫です。
高齢者の方が好きな野菜を使うのも良いでしょう。

ブロッコリーでしっかり栄養を補給しよう

ブロッコリーはこのようにさまざまな栄養が含まれており、高齢者の健康維持の強い味方となってくれます。
上で紹介したレシピを参考に、ぜひブロッコリーを使ったメニューを作ってみてください。