卵を使用した介護食レシピ

投稿日:

うなぎを巻いた卵巻き

だし巻き卵というと、作るのが大変というイメージがあるため、好んで作っていない人は数多くいます。

参考:http://www.livedo.jp/recipe/recipe_detail190.html

ですが、一度作ってみるとそれほど大変な料理でもありません。
というのも、だし巻き卵というのはだし巻き用のグッズが数多く販売されているからです。

100円ショップにも売られていますし、通販でもグッズが販売されています。
こちらを用いてうなぎを巻いてだし巻き卵を作るのですが、うなぎに関しては血の巡りを改善してくれる効果があるため、卵を使用した介護食も注目を集めるようになりました。

また、卵というとコレステロールに悪い影響を与える・・・と思っている人がいます。
ですが、健康とコレステロールの関係は年々見直されるようになっているため、思われている以上に悪影響があるわけでもありません。

健康において見直された部分では、1日に1個以上の卵を食べても健康にほとんど影響を与えないとされています。
なので、健康を目的として多くの卵を食べても問題ないのです。

なぜ、コレステロールが上がるのに問題無いのか?というと、善玉菌、悪玉菌の割合が健康に影響を与えているからです。
善玉菌が多い人であればコレステロールが高かったとしても、それほどプラークなどによる悪影響(血栓など)が見当たらず、健康被害を訴える人もまったくいないのです。

それと、だし巻き卵にうなぎを用いる理由ですが、うなぎは栄養価が高い割にカロリー燃焼にも効果的だからです。
スポーツ飲料や健康飲料でも、魚の粉末、うなぎのエキスなどが用いられるようになっているため、安易に脂っぽい食べものは身体に悪いという見方も見直されるようになりました。

うなぎの栄養には血栓を少なくする効果もあるため、卵を使用した介護食としても人気が高いのです。

うずらの卵を使った納豆

卵のほうを工夫して、卵を使用した介護食を作るという方法もあります。

納豆が好きな人の場合、納豆をそのままかき混ぜて汁などを使って味わいを変化させるという人もいますが、骨や筋肉を強くする目的でうずらの卵を入れてみるのも賢い手段です。
卵は大きいものより小さいもののほうが、栄養が凝縮していることも多いためにうずらの卵をオススメしているのですが、今ではスーパーに売られている卵の中でも人気が高い食品です。

うずらの卵には若さを保つ栄養が多く含まれているだけでなく、納豆とも相性が良いため、セットで売られることも多くなっています。