動物の触れ合いを利用したレクリエーション

投稿日:

動物との触れ合いは介護にも効果的

介護にはさまざまな方法が用いられますが、最近は動物との触れ合いも介護に有効であることが分かっています。
高齢者の方に動物と接してもらうことで、脳の活性化に繋がるなど、健康の維持や増進効果が期待できるのです。

施設で定期的にレクリエーションを行う場合には、動物との触れ合う企画を開催するのもおすすめです。
ここでは動物との触れ合いを取り入れたレクリエーションに必要なものや楽しみ、やりがいなどを紹介します。
ぜひ参考に、あなたの施設でも動物とのコミュニケーションを活用したレクリエーションを行ってみてください。

動物との触れ合いを利用したレクリエーションに必要なもの

高齢者の方に動物との触れ合いを楽しんでもらうためには、まずは動物を用意する必要があります。
ご家族がペットを飼われている場合には協力を依頼したり、地域の団体と連携して動物の準備をすると良いでしょう。
高齢者の方が接しやすいよう、犬や猫、小動物など、比較的小さな動物をレクリエーションに用いると良いです。

また、動物園などで動物と触れ合えるイベントを開催していることもあるため、こうした機会を活用するのも良いです。
最寄りの動物園に問い合わせすれば協力してもらえる可能性もあるため、連絡してみましょう。
もちろんどのような企画を行いたいか具体的な案がないと動物園の方も動けないため、前もって職場のスタッフ間で相談しておくことをおすすめします。

動物と触れ合うレクリエーションの楽しさ、メリットなど

人は何歳になっても、動物を好みます。
高齢者の方も動物を可愛がることで、楽しい気持ちや嬉しい気持ちになることができます。
介護が必要な方は日頃から寂しさを感じていることもあるため、動物との触れ合いによって愛情を感じることができ、孤独感などを忘れやすくなります。

また、動物と触れ合うためには屋外でないと難しいですが、外出すること自体も高齢者の方にとっては良いものです。
外の空気を吸ったり体や感情が動いたりすることで、身体が元気な状態を保ちやすくなるのです。

さらにこうした機会は、介護スタッフにとっても大きなやりがいとなります。
高齢者の方が積極的に楽しんでくれることは多いため、より介護の仕事を頑張ろうという前向きな気持ちになることができるのです。

このように動物との触れ合いを活用したレクリエーションは、さまざまなメリットややりがいなどがあります。
用意するものは動物が中心であり、動物園などの施設へ行けば準備は手軽に行うこともできます。
動物と遊ぶためのボールなどだけ、購入しておくと良いでしょう。
ぜひしっかり検討して、良いレクリエーションを開催してみましょう。