脳トレ・クイズを使用したレクリエーション

投稿日:

脳トレやクイズも、高齢者の介護レクリエーションになる

脳トレやクイズは楽しみのためにする人もいますが、高齢者の介護レクリエーションとしても活用できます。
脳トレやクイズは脳を使って遊ぶため、高齢者の脳を活性化させる効果が期待できるのです。

また、こうしたものは比較的簡単に準備することができるため、介護施設でのレクリエーションとして手軽に行うことができます。
定期的に企画するのも良いですし、ときどき大きなイベントとして開催するにも適しています。
必要なものはそれほど多くないため、職場で開催を検討してみるのはおすすめです。

ただ、初めてこうしたレクリエーションを行う場合、どのように開催すれば良いのか分からなかったり、メリットややりがいが分からずに困ったりすることもあります。
そこでここでは、脳トレやクイズを使ったレクリエーションについて解説します。

脳トレやクイズのレクリエーションに必要なものを紹介

脳トレやクイズをレクリエーションで行うために必要なものとして、まずは紙とペンを用意する必要があります。
クイズは回答を紙に書く必要があるため、これらが必要なのです。

ただ、紙は新聞広告や必要なくなった書類の裏紙で良く、ペンも100円ショップなどで売っているもので構いません。
そのため紙とペンは、コストを抑えて用意することができます。

また、クイズの問題も用意する必要があります。
人によっては自分でクイズを考え出すことができるものの、書店でクイズの問題をまとめた書籍を購入するのがおすすめです。
よりコストを抑えるのであれば、インターネット上で見つけることができるクイズを元にするのも良いでしょう。

これらを用意すれば、レクリエーションを企画することはできます。
あとはスタッフの盛り上げ方にかかっているため、当日どのように企画を進めるか相談して、良いイベントにしましょう。

脳トレやクイズは、誰でも楽しみやすい

年齢を重ねると、人は誰しも脳の機能が衰えてきます。
そのため比較的シンプルなクイズなどでも、十分に高齢者の方は楽しんでくれます。
介護スタッフも利用者の方と一緒に楽しむことで、よりレクリエーションが良い時間になります。

施設の利用者はレクリエーションを通して脳を上手く働かせることができ、介護士にとってはやりがいのある機会になります。
脳トレやクイズを使うのは、このようにとても有意義な時間になるのです。
また、ほかのレクリエーションに比べて準備する金銭的なコストや労力が少ないため、さまざまな施設で行うためにも適しているというメリットがあります。

このように脳トレやクイズは、高齢者にとってとても良いレクリエーションの材料なのです。
ここで紹介した内容を参考に、ぜひあなたの施設でも取り組んでみてください。