介護離職の前に確認すべきリスク

投稿日:

介護離職が増えている理由

高齢化社会の日本では、介護離職されている人も増えてきているため、介護離職に関する記事や書籍が多く見られるようになりました。

介護離職とは、仕事を中断、もしくは完全に辞めてしまう形で介護を行うという意味です。
なぜ、あらかじめ仕事をせずに介護を行う人が介護を行わないのか?と思う人もいるでしょう。

要するに専業主婦(専業主夫)に該当する人が介護を行えば済む話・・・と、誰もが思うものです。
しかし、以下のような理由もあり結果的に介護離職されている人が増えているのです。

1つは経済的理由からです。
介護をしなければいけない老人が出てきた場合、大半の家庭は老人ホームやデイサービスを利用する形で、老人の世話をお願いするケースが多いです。

しかし、これらのサービスは安いものでも5万円~10万円ほどかかるため、今までパートやアルバイトの収入を得ていた場合、どうしてもその金額を捻出するのがキツイため、自ら介護を学んで介護される人が多いのです。
サラリーマン(もしくはOL)として勤務されている人は、このような選択ができないため、介護離職という考えに至らないことが多くあります。

大半の家庭は、このように片方の収入がもう片方より少ない傾向にあるため、介護離職というのも珍しくない状況となりました。
ただ、近年では介護離職を選択せず、国からの補助金を頼りにして老人ホームやデイサービスを利用されている家族も増えています。

介護離職の人が増えている理由その2ですが、介護は簡単と思って離職されている方も増えています。
実際は介護によりうつ病にかかってしまう人もいるほど、厄介な問題なので注意してください。

離職と言ってもすぐに元に戻れる・・・と思っている人は多いです。
ですが、安易にそのような選択をしないほうが良いでしょう。

最初は仕事をされながら介護について学んでいかないと厳しいものです。

介護離職は介護される側、介護する側が精神的に疲労を溜め込みやすいため、両者に対して大きな痛手になることもあります。
どうしても自信がないという場合は、老人ホームやデイサービスを利用したほうが賢明でしょう。

再就職のリスク

介護離職の前に確認すべきリスクですが再就職のリスクは、絶対に考えておくようにしましょう。

介護をされるようになると、想像以上にお金を多く使わないといけない状況となるため、再就職を余儀なくされる人が多くいます。
というのも、介護を行っている最中にさらに老人特有の病気を発症するリスクもあるからです。

その際にはさらにお金がかかってしまいますので、そのことを知らずに放置されていると再就職のリスクまで発生するようになります。