入浴時の注意点は?

投稿日:

入浴のメリットとデメリット

介護の一つである入浴は、高齢者の体を清潔にするだけでなく、湯船でリラックスできるといった効果があります。
お湯の中は浮力があるので、ふだんは動かすと痛い関節も動かせるので、少ない負荷でリハビリテーションができるほか、皮膚の状態など体調のチェックが行えるなどさまざまなメリットがあります。

しかしメリットがある反面、危険もあります。
安全に入浴できるよう、注意するべき点を確認しておきましょう。

まず、湯船に入る前に、シャワーで心臓から遠い足先から、すね、腿とお湯をかけていきます。
このときに洗面器にお湯を入れて足をつける足湯をすると、足の冷えが防げきます。

体を洗うときは、自分で洗えるところはなるべく自分で洗ってもらい、背中や洗髪など自分で洗いにくいところを本人の代わりに洗うようにしましょう。胸やワキの下、お腹のくぼんだ部分、肘や膝の裏側、麻痺があれば麻痺をしている部分は汗をかきやすいので、この部分の洗い残しに注意してください。
体を洗いながら床ずれや皮膚の乾燥、体のむくみなどの異常がないかも確認しましょう。

その後入浴をしますが、お湯の温度は38~40度くらいが最適です。

入浴時の注意点

入浴はメリットも多いのですが、体に負担がかかることもあります。
入浴前には必ず血圧、体温、脈拍を図って、体調に異常がないことを確認してから入浴するようにしましょう。

また、入浴で怖いのが温度差が原因で起こるヒートショックです。
部屋や脱衣所の温度と、風呂場の温度との差が激しいと、心臓に大きな負担がかかったり、血圧が大きく変化して倒れることがあります。
最悪の場合はショック死に至ることもありますから、あらかじめ浴室全体にシャワーをかけるなど浴室の温度を上げておきましょう。
特に寒さが厳しい冬は、ヒートショックによる事故が多発します。
十分な注意が必要です。

浴室の床は、ぬれて滑りやすくなっています。
風呂場の椅子から立ち上がったときに、血圧の変動で立ちくらみがすることも多いですし、体に麻痺や痛みがある人が多いですから、ふらついたり転倒したりしないように、ゆっくりと一つ一つの動作を確認してから湯船へと誘導してください。

入浴時の安全性を確保し、かつ介護の負担を少なくするために浴室のリフォームも検討しましょう。
介護保険を利用すれば、少ない費用でリフォームが可能です。
また、リフォームをしないまでも、入浴が楽になる椅子や滑り止めなどのグッズも販売されています。
こちらも介護保険が利用できます。
いちどケアマネージャーに相談されてはいかかでしょうか。

高齢者のなかには入浴を嫌がる人もいます。
このような場合は、無理やり入浴させずに足湯をするなど、お湯につかるのが気持ちいいことを思い出してもらい、入浴への意欲を高める工夫をしましょう。