寝たまま洗髪のコツ

投稿日:

寝たままの洗髪に必要な道具

寝たきりの高齢者の場合、自宅でお風呂に入れてあげることは難しいですね。
入浴のかわりにタオルで体を拭くなどして対応しますが、髪の毛を洗う機会はほとんどありません。
長い間髪を洗わないと、頭皮が汚れてかゆくなったり、フケの原因になったりします。

実は自宅でも比較的簡単に、洗髪ができることをご存じですか。
シャンプーの洗面台を、自宅の洗面器で代用することで、布団やベッドに寝たままの状態でも髪を洗うことができます。

まず、シャンプーに必要な以下のものを用意しましょう。
お湯をいれたペットボトルまたはやかん。
ケリーパッド。
ケリーパッドは寝たまま髪を洗うためのU時型の洗髪器です。
市販されていますが、自分で作ることもできます。
ケリーパッドの作り方は、とても簡単です。
バスタオルを芯にしてビニール袋で巻いたり、
新聞紙やタオルを丸めて芯にして、それにバスタオルを巻きつけ、U字型にします。
それをゴミ袋など大きめのビニル袋に入れれば完成です。
ビニル袋の底にケリーパッドを入れると、ビニル袋の下部が余りますから、その部分を洗面器に垂らして、流した水が洗面器にたまるようにします。

このほかビニルシート、フェイスタオル、洗面器、ブラシ、シャンプー、髪の毛を拭くバスタオルも用意しましょう。

寝たまま髪の毛を洗う手順

洗髪は、あお向けに寝た状態で行います。
頭を濡らすので室温が低いと風邪をひく恐れがありますから、室温は22度~24度程度にしておきます。
そして今から髪を洗うことを伝えて、まずはブラシで髪の毛をといて汚れをざっと落としましょう。
ブラッシングが終わったら、洗髪しやすいように体の位置を変えます。
ベッドで寝ている場合は、ベッドに体が斜めになるように寝かせてください。
こうするとベッドから頭が出た状態になります。
布団で寝ている場合は、頭の下の部分の敷布団を2つ折って、上半身が持ち上がるような姿勢にします。
上半身の敷布団の下にビニールシートを敷き、その上にバスタオルを重ねます。
首にはフェイスタオルを巻きましょう。

姿勢が整ったら、ケリーパッドの丸い部分を首の方にして首の下に置きます。
そしてケリーバッドのビニールの部分を洗面器に垂らして、水が洗面容器に溜まるようにします。

髪の毛をとかしながら、頭部にお湯をゆっくりかけて十分にぬらしましょう。
そしてシャンプーで頭をやさしくマッサージしながら洗います。
その後、シャンプーの泡をフェイスタオルで拭き取ります。
こうすれば、すすぎのお湯を少なくすることができるからです。
シャンプーをしっかりと洗い流します
必要ならリンスをしてさらに十分にすすぎ、タオルで良く拭きます。
その後、ドライヤーで乾かします。
ドライヤーは一か所に続けて熱を当てると、頭皮がやけどします。
まんべんなく熱風が当たるようにすると同時に、風が耳や顔に当たらないように注意しましょう。
これで完了です。