脳卒中のリハビリ方法

投稿日:

脳卒中とは?

脳卒中は、脳の血管が破れて出血する脳出血、くも膜と脳の間を走る血管が破れて起こるくも膜下出血、脳の血管が詰まって血が流れなくなる脳梗塞などの種類があり、いずれも脳に空気や栄養が送られなくなって脳細胞が破壊されてしまう恐い病気です。

脳細胞が破壊されるので早急に手当を行わないと死亡してしまいます。
また、たとえ一命を取り留めたとしても、後遺症で寝たきりや要介護になるケースが多いのが特徴です。

後遺症では片側の半身が麻痺するなどの症状が残ります。
私たちにとって気になるのが、後遺症は完治するのか、また完治しないまでもどの程度まで回復するのかということではないでしょうか。

麻痺の程度は、運動神経を伝達する錐体路と呼ばれる経路がどの程度ダメージを受けているかによって決まります。
最も大切なことは、少しでも多く回復を促すためには、効率的なリハビリを行うことです。

脳卒中のリハビリ

脳卒中のリハビリは発症した2、3日後から行う急性期、症状が落ち着く回復期、退院後の生活期と3つの段階に分けて行われます。

急性期のリハビリはなるべく早く退院できるように、関節が固まって動かなくなったり、筋肉が萎縮したりするのを防ぐために行われます。
このリハビリは病院の急性病棟のベッドなどで行われます。
その後、回復期に入ると回復期リハビリ病棟や高齢者施設などに転院してリハビリを行います。

症状が落ち着いたら自宅や外来病棟での通院、高齢者施設などでリハビリを続けていくことになります。
一般的には急性期と回復期は病院に入院してのリハビリが行われ、生活期は自宅でのリハビリが行われると考えてください。
自宅で介護ができない、介護をしてくれる家族がいない、また本人が希望するなどの理由でサービス付き高齢者向け住宅などの高齢者施設に転居してリハビリを行うケースもあります。

入院期間は軽症なら1か月程度、重度の場合は半年かかることもありますが、おおよその目安は3か月です。

自宅でのリハビリ

自宅では散歩など外歩きをするのが、基本的なリハビリとなります。
毎日歩くことで、少しずつ歩く距離が伸びていき回復が期待できます。
外で歩くのが不安な場合は、訪問介護や家族が付き添って室内を歩くなどのリハビリを行います。
自宅でリハビリを続けるポイントは、足の筋肉を弱らせないことと、関節が固まるのを防ぐことです。
筋肉をつけるために、椅子に座って立ったり座ったりするなどの訓練をしましょう。
また関節が固まらないように、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチを行うなどしましょう。

介護が必要なほど後遺症が残った場合は寝たきりの時間が長くなり、筋力が衰える危険があります。
退院する前に本人の希望やケアマネージャー、家族とよく話し合って、どのようなリハビリが最適かを考えましょう。

リハビリは、本人が回復への意欲を持つことが大切です。
意欲的にリハビリに取り組めるよう、家族はサポートしてあげましょう。