体を拭く時の注意点は?

投稿日:

清拭のメリット

寝たきりや要介護者などで、なかなかお風呂に入れない高齢者は、定期的に体を拭いて清潔かつ快適に過ごせるようにしてあげましょう。

体を拭くことを清拭といいますが、清拭は単に体の汚れを落として清潔にするだけでなく、マッサージ効果で血行を良くする、肌トラブルを防ぐ、体の状態を観察することで異常を早めに見つけることができるなど、さまざまなメリットがあります。
このほかにも、体の向きを変えたり、関節を動かすことで床ずれや関節が固まるのを予防することができますし、コミュニケーションが取れるなどのメリットもあります。

忙しくて体全体を一度に拭くことができない場合は何日かに分けて拭くなど、介護で負担が大きくならないように気軽に行ってみましょう。

用意するもの

まず、清拭に必要なものをそろえましょう。
バケツ、50~55度程度の熱めのお湯、ゴム手袋、ビニルシート、タオル(10枚程度)、バスタオル、着替えを用意します。

体を拭く前に本人の体調を確認し、体調が悪いようなら清拭は中止してください。
そして風邪をひかないように室温を22~24度程度に調節しましょう。
お湯が熱いのでタオルを絞るときに火傷をすることがあるので、必ずゴム手袋を使ってください。

体の拭き方

清拭の順番はまず顔から首にかけて、次に手の先から腕、脇、そして胸からお腹、足の先から太もも、お尻を拭き、最後に陰部を拭きます。
体を拭くときは、衣服を全部脱がせてしまうと風邪をひきやすいですから、上半身を拭くときは上半身だけ脱がせ、下半身を拭くときは下半身だけ脱がせてください。

まずタオルを1枚、お湯につけて絞り、顔を拭いていきます。
額から首に向かって拭いていきますが、目の周りと口の周りは、円を描くように優しく拭きましょう。
首も下に向かって、拭きます。
その後、上半身の衣服を脱がせて新しいタオルを絞り、指先から腕に向かって拭いていきます。
次に脇下を拭きましょう。

また新しいタオルを用意して胸から腹を拭きます。
胸は自分から見て左まわりに拭き、お腹は時計回り(右回り)に円を描くように拭いていきます。
次に、背中を拭きます。
うつ伏せか、横向きになってもらって、下から上に向かって拭いていきましょう。
上半身が拭き終わったら、着替えに用意した服のうち上半身の衣類を着せます。

バケツのお湯を新しいものに変え、タオルも新しものを絞ります。
下半身の衣服を脱がせます。
足を持って指先から足首へと拭いていきます。
新しいタオルを絞り、足首から太腿、足の付根へと向かって拭いていきましょう。
お尻と陰部を拭き、着替えの衣服を着せてあげれば完了です。

寝たきりの場合、常に圧迫されている皮膚の部分が床ずれを起こすことが少なくありません。
背中や足、腕、後頭部など、常に床と接している部分が赤くなっていたり、水ぶくれができていたりしないか、体を拭くときにしっかりと観察しましょう。