ナッツの栄養と調理方法

投稿日:

ナッツは老後にもおすすめ

ナッツは老後にもおすすめの食材です。
実はナッツとひとことでいっても種類はさまざまで、くるみやカシューナッツ、マカデミアナッツなどがあります。
これら全てナッツであり、高齢者の方の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

それぞれのナッツは含まれる栄養素が異なるものの、代表的なものは共通しています。
ここではナッツに含まれる栄養素を紹介し、おすすめの調理方法についても紹介します。

ナッツに含まれる栄養素とは

ナッツに含まれる栄養として、まずは「不飽和脂肪酸」というものが挙げられます。
不飽和脂肪酸は最近注目されている成分で、マグロなどの魚類にも含まれています。

脂肪は体内に入ると固まりやすい性質をもっており、これが体内に悪影響を及ぼす原因になってしまいます。
しかし不飽和脂肪酸はこのようなことがなく、体内でも液体の状態を保っています。

不飽和脂肪酸には「オメガ3」と「オメガ6」というものがあり、これら両方ともに健康に効果的です。
高齢になると、高血圧やメタボリックシンドロームなどが生じやすくなります。
不飽和脂肪酸はこうした症状を防ぐにも効果が期待できるため、積極的に摂るのはおすすめです。

次にナッツには、「ビタミンE」も豊富に含まれています。
ビタミンは人の身体になくてはならない成分であり、ビタミンEももちろん必要です。
人の体内に悪影響のある物質として、「活性酸素」というものが挙げられます。
活性酸素はガンなどの重い病気の原因になることもあるため、十分な注意が必要です。
ビタミンEは活性酸素を除去してくれる働きがあるため、こうした病気の予防に役立ちます。

ナッツの調理方法は、そのままで大丈夫

ナッツの調理方法は、特別な調理をする必要はありません。
ナッツはそのままで食べることができるため、おやつなどに食べると良いでしょう。
ナッツをどうしても調理して食べたい場合は、加熱して炒めると良いです。
すると香ばしい香りがより際立ち、さらにナッツを美味しく食べることができます。

ナッツは高齢者でも食べることができ、特にピーナッツなどは食べやすいためおすすめです。
ピーナッツを定期的におやつなどで食べると、上で紹介した栄養素をしっかりと補給することができます。
すると健康の維持に役立つため、日々の生活に取り入れることをおすすめします。

また、ピーナッツに飽きてきた場合は、ほかのナッツ類に変えてみるのもおすすめです。
それぞれのナッツには違った味わいがあるため、その違いを楽しむことができます。

このようにナッツは高齢者の方におすすめの食材です。
手軽に購入することができるため、ぜひ毎日の食事などに取り入れると良いでしょう。