玉ねぎの栄養と調理方法

投稿日:

玉ねぎは高齢者の健康にも良い食材

玉ねぎはスーパーなどで安く購入することができ、普段から常備していることも多いはずです。
玉ねぎは高齢者の方の健康にも良い食材で、毎日の食事に取り入れるのはおすすめです。
玉ねぎにはさまざまな成分が含まれており、食事で玉ねぎを食べることで、こうした栄養をしっかりと摂ることができます。

ここでは玉ねぎに含まれる栄養素を紹介します。
また、調理方法についても合わせて紹介するため、参考にしてください。

玉ねぎに含まれる栄養素

玉ねぎに含まれる栄養素として代表的なものは「硫化アリル」という物質です。
あまり聞いたことがないかもしれませんが、硫化アリルはビタミンB1という栄養素の吸収を促進する働きがあります。

ビタミンB1も身体にとって必要な成分ですが、体内で吸収されにくいことがあります。
しかし玉ねぎに含まれる硫化アリルがこの吸収を促すことで、よりしっかりと栄養を摂れるようになるのです。
高齢者の方は栄養素が不足しがちですが、玉ねぎを食べることで身体に必要な栄養素をバランス良く摂ることができます。

玉ねぎにはほかにも、カリウムやケルセチンなどの栄養素が含まれており、健康に役立ちます。
玉ねぎは安価で購入しやすいだけでなく、健康にも良い食材なのです。

玉ねぎの調理方法は「加熱」がおすすめ

玉ねぎは「加熱調理」がおすすめです。
生で玉ねぎを食べるととても辛いですが、加熱すると逆に甘みが出て、美味しい味わいになります。

玉ねぎを食べるときには、カレーに入れるのがおすすめです。
高齢者の方はカレーを辛すぎると感じることがあるため、その人の好みに合わせて辛さは変えると良いでしょう。
カレーを作るときには、まずは鍋に水を沸かし、そこに玉ねぎや人参などの食材を入れます。
食材が柔らかくなるまで茹でたら、そこにカレーのルーを加えます。
そしてさらに煮込めば、カレーが完成します。

カレーには玉ねぎだけでなく、さまざまな食材を加えることができます。
そのため栄養バランスがとても良く、高齢者の方にもおすすめです。

また、玉ねぎを味噌汁に加えるのもおすすめです。
味噌汁は優しい味わいのため高齢者にも食べやすく、毎日食べても飽きません。

味噌汁を作る場合、まずは鍋に水を入れて沸かし、そこに玉ねぎやねぎ、豆腐などの食材を加えます。
そして食材が柔らかくなったら味噌を加えて、出来上がりです。
カレーと作り方が似ているため、簡単に作ることができます。

このように玉ねぎはさまざまな料理に使いやすく、高齢者の健康を保つためにも役立ってくれます。
値段も手頃でまとめ買いしやすいため、常に用意しておき、毎日のメニューに取り入れていきましょう。